近くて・美味しくて・安くて・親切な国、台湾!


Photo by JIMI_lin / https://www.flickr.com

学生時代からの友人夫婦とともに男女4人での旅です。6月の台北へ3泊で行きました。
4時間程度と近く、物価も安いし語学に不安があってもあまり心配いらないとの評判を聞いて。

今までは欧州にしか海外旅行経験がなかったので、初めてのアジア旅でした。
ホテル代などを抑え目にしたので、そこそこやすく旅行できたと思います。現地用として50,000円両替しました。

とにかく暑い、昼の台北


Photo by Alex Shyu / https://www.flickr.com

沖縄くらい暑いと聞いていましたが、本当に日中は暑いです。息をするのもつらい暑さ。だからあまり街中も混んでいません。午前中観光→昼食→ホテルへ戻ってシャワー&着替え→昼寝→夕方また外へ、というスケジュールで過ごしました。休みを入れないと倒れてしまいそうで…。

しかし観光客には時間が限られていますから、まずはあの有名な故宮博物館へ。広いです。入口へ着くまでに汗だく。中は涼しいですが。

名高い「白菜」と「牛肉」は見逃せません。このコーナーは人だかりがしています。とても小さくて緻密で、にっこりしてしまうかわいさでした。あとは青磁もすばらしく美しいです。こんなものが作れるなんて、奇跡のようです。個人的には他には書も見ごたえがありました。

外に出るとまた酷暑です。そんな時目に入ったのがジュース屋さん。気候のせいなのか、台湾は果物が豊富なようです。マンゴーやらパイナップルが入ったジュースがいたるところで売っています。暑いなか飲むその美味しさと言ったら…。あれほどジュースを美味しいと思ったことはかつてありません。

 

夜市、そして美味しいもの


Photo by Chris Moore / https://www.flickr.com

日が落ちると、人が外に出てきます。どこもにぎやか。そして人混みでも危険な雰囲気はありません。夜道でも、日本を歩くのとほとんど変わらない感覚でぶらぶらしました。

大人気らしい士林夜市へGO。駅からすぐです。台北は鉄道網が発達していて電車が乗りやすい。車内も清潔で安全でした。スイカのようなカードを購入すればさらに楽ちんです。タクシーも尋常じゃない安さ(200円とか)なので、初めてでも移動に困ることはなさそうです。

夜市は本当に人気なのですね。靴屋に洋服屋に食べ物の屋台がぎっしり。食べ歩いている人もたくさん。肉まんが美味しかった!お腹いっぱい食べても数100円です。なんてありがたいのでしょう…。ちなみに臭豆腐はにおいに心が折れて、挑めませんでした。食べれば美味しいらしいですが、ハードルは高いです。

台湾の美味しいもの、牛肉麺が有名ですね。美味しかったです。でも私としては「豚肉かけめし」に感激しました。ルーローファンと言うそうです。ご飯に豚肉の煮込みをのせたもの。絶品です。八角が苦手でなければ、絶対におすすめです。

 

洋服、コスメ、おみやげを探して


Photo by Eric Lee / https://www.flickr.com

旅に出たらやはり現地で買い物をしたい。永康街と言われる繁華街へ行ってまいりました。やはり夜でもとてもにぎやか。若い人向けのお店が多いので若い子だらけです。小さいお店が多かったので、買い物はすべて現金でしました。

シートパックがいいとの事前情報を得ていたのでまずはドラッグストア。広くて明るくて、日本と変わらない。パックは超安いというほどではないですが、日本よりは安く、種類もいろいろ。60枚まとめ買いです。これ、おみやげにもいいですよね。重いですけども…。

ぶらぶらたくさんある洋服屋さんを見てまわります。こちらはとにかく安い!ショートパンツとシャツを購入。ふたつ合わせて3,000円台。でもちゃちな出来ではありません。満足しています。10,000円でいいもの探し、なんてしてみたら楽しそうな街です。
台湾のお土産といえばパイナップルケーキ。はい、買いました。

身内からリクエストのあった茶葉。これは他に比べて高価です。他があまりにも安いのでちょっとびっくりします。街中に茶器や茶葉の高級店もちらほらあります。2,000円くらいの凍頂烏龍茶を買いました。

 

まとめ

台北の魅力、それは安全で、お金があまりなくても楽しめるところだと思います。予算に応じて楽しめます。言葉の壁もさして感じません。

またこれはたまたまかもしれませんが、親切な人が多く、いい印象ばかりが残っています。

ただ夏は本当に暑いので、暑さに強くないのであれば、夏以外に行くことだけは強くおすすめしたいです。

    <スポンサードリンク>

    関連記事

    最近の体験記

    1. Mainichi Eikaiwa
    2. europe
    3. europe
    4. asia
    5. north-america
    6. asia
    7. southern-island
    8. asia
    9. north-america

    公式メールマガジン

    当サイトでは、会員限定のメルマガを配信しています。詳しくはこちら。

    >>公式メールマガジン

    お問い合わせ

    当サイトへのお問い合わせは下記よりお願いします。

    >>お問い合わせ

    過去の体験記

    体験談募集のお知らせ

    当サイトでは、ユーザー様の海外旅行体験記を募集しています。

    ご協力いただける方は、下記よりお願いいたします。

    >>海外旅行体験記の募集

    ブログRanking参加中



    にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

    はたして今日の順位は?!
    ページ上部へ戻る