ドイツのミュンヘンで美味しすぎるビール三昧


Photo by BradyBzLyn / https://www.flickr.com

ドイツミュンヘンにビールを飲みに行くというのが目的の旅です。

ミュンヘンには、数え切れないくらいの地ビールがあり、街を歩けばビールを飲んでいる人がたくさん!

本来なら、10月のオクトーバーフェスに行きたかったのですが、安い夏の時期を選んで行きました。ミュンヘンの街は古く、伝統があり、また人はとても温かくて、歩いているだけで楽しい街でした。

ミュンヘンに着いたらとにかく白ビールと白ソーセージ!


Photo by dorinser / https://www.flickr.com

ドイツは言わずと知れたビールの国ですが、ミュンヘンは特にビールを作るのが盛んな地域です。

ドイツの南部に位置しており、その地域特有の食べ物というのがあります。それは、南部で主に食べられているという、白ソーセージです。

新鮮な豚のミンチを使用していて、生のものをボイルして食べる、ちょっと変わったソーセージです。日本ではまず食べるのは難しく、ドイツの他の地域でも、新鮮なものを見つけるのは難しいとか。

かつては、新鮮さにこだわるあまり、午前中に食べるソーセージ、とされており、レストランでも午前中しか販売していなかったらしいのです。

この白ソーセージは、普通のソーセージと違って、皮は食べることはできません。薄い皮を剥がしながら、中身のソーセージだけを食べるのです。そして、このソーセージには必ず、甘いマスタードをつけて食べます。

一般的なドイツソーセージにつけるような、粒マスタードではなく、とにかく白ソーセージには、この甘いマスタードが絶対なんだとか。

さわやかな豚肉の甘みをハーブの香り。そしてこれには白ビールが欠かせません。さわやかな白ビールにぴったりの白ソーセージ、最高でした。

 

ミュンヘンの新庁舎で飲むビールとザワークラウト


Photo by IMBiblio / https://www.flickr.com

ミュンヘンの街のシンボルとも言えるのが、新庁舎の大きな古い建物である。荘厳なたたずまいと、大きなからくり時計が特徴です。正午になると、新庁舎広場には人がたくさん集まってきます。

そして、ちょうどの時間になると、音楽と鐘が鳴り、仕掛けが動きだすのです。その新庁舎の建物の中のカフェとレストランが、実はとても美味しいと評判ということで、迷わず中へ。

昼間からビールを飲む人が多いのには、けっこう慣れてきていると同時に、嬉しくなってやはり昼間からビールを注文します。ドイツ人は、朝ごはんと夜ごはんは比較的軽いもので済ませる習慣があるようで、パンやハム、チーズなどで済ませるそうです。

そのかわり、昼ごはんはがっつりと温かいものを!というのが一般的なようで、昼時にはたくさん食べるというのが普通なようでした。昼からビールや豪華なメニューを頼んでいる人もたくさんいて、ちょっとびっくりな光景でした。私が美味しいと思ったのは、付け合せのキャベツの酢漬け「ザワークラウト」です。適度に酸っぱく、味もしっかりしていて、くせになる味!ビールにもぴったりでした。

 

ドイツ人は日本人が好き?温かい人々


Photo by yurmahbude / https://www.flickr.com

私は海外旅行に行く時は、最低限の挨拶程度は現地の言葉でできるように、と心がけています。

ドイツでも、英語で尋ねる前に、まずは指差し辞典などを使ってドイツ語でトライ。実はドイツ人というのは、ほとんどの人が英語を話せるという印象で、とくに観光地では、流暢な英語をほとんどの人が話せるのではないか、と思いました。

けれど、ドイツ人だって本心のところでは、一生懸命ドイツ語を話そうとしてくれる姿には嬉しいと感じるに決まっています。注文する時など、片言のドイツ語で話しかけると、現地の人はとても嬉しそうにして、私のドイツ語を褒めてくれました。

また、道がわからなくて困っている時にも、英語で話しかけられ、道案内をしてくれたりしました。そして、「観光で来たんだね。どこから来たの?」と聞かれて、日本と答えた時の、ドイツ人たちの態度の変わりようと言ったら。

「日本人なのね!日本って大好きよ」
「日本人なのか!日本にはいつか行ってみたいよ」

など、好意的な印象を持たれました。
ますますドイツが好きになった瞬間でした。

 

まとめ

ドイツを訪れる前は、緊張した気持ちが多かったのですが、訪れてみて、とても優しい雰囲気と、リラックスしている自分に気がつき、「来てよかった!」と心から思えた瞬間でした。

ビールの種類や味の豊富さは、日本人からすると、ちょっと想像できないほどです。まずは行ってみて、現地の味と空気に触れてみる。

そうすると、その温かさと居心地の良さに、必ずまた行きたくなると思います。

    <スポンサードリンク>

    関連記事

    最近の体験記

    1. Mainichi Eikaiwa
    2. europe
    3. europe
    4. asia
    5. north-america
    6. asia
    7. southern-island
    8. asia
    9. north-america

    公式メールマガジン

    当サイトでは、会員限定のメルマガを配信しています。詳しくはこちら。

    >>公式メールマガジン

    お問い合わせ

    当サイトへのお問い合わせは下記よりお願いします。

    >>お問い合わせ

    過去の体験記

    体験談募集のお知らせ

    当サイトでは、ユーザー様の海外旅行体験記を募集しています。

    ご協力いただける方は、下記よりお願いいたします。

    >>海外旅行体験記の募集

    ブログRanking参加中



    にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

    はたして今日の順位は?!
    ページ上部へ戻る